マウンティング女子の心理を分析

嫌われるマウンティング女子

あなたの身近にいるマウンティング女子の特徴と対処法を伝授します

ABOUT SITE

「マウンティング女子」とは聞き慣れない言葉ですが、最近メディアを通じて浸透してきていますね。マウンティング女子が身近にいると巻き込まれて嫌な思いをすることもあります。そんな被害を受けないためにマウンティング女子の特徴と対処法、もっと進んで縁を切る方法をご紹介します。ほとんどが私の経験と知見によるものです。是非参考にしてくださいね。当サイトへのお問い合わせは mountinggirl_dislik@outlook.jpまで。

TOPICS

格付けする心理

格付けする心理

マウンティング女子は、どうしてマウンティングしてしまうのでしょうか?ここではその心理についてご紹介したいと思います。

自分の価値を上げたい

自分の価値を上げたい

女性は自己評価が厳しく、内面よりも外見の方がより厳しい傾向にあります。そのため「自分に自信を持ちたい」「他者から高く評価されたい」という願望があります。マウンティングは、この願望を満たすために行われるようです。巧妙な会話術によって、相手を陥れ、自分の方が優位であるとアピールすることによって自分の価値を上げるのです。
その裏には「相手よりも下であることが怖い」という不安の心理も隠されています。マウンティング女子は、相手よりも自分の方が優位であることをマウンティングで確認することによって、その不安を解消しているとも言えるでしょう。全ては自分の自信のなさから取ってしまう行動なのです。

承認欲求からくる自己アピール

承認欲求からくる自己アピール

幼少期に大人からダメ出-しをされた人に多く見られるのが「承認欲求」です。彼女らは自分を認められずに育ち、大人になってから「自分を認めて欲しい」と強く思うようになるのです。無意識であれ、意識的であれ、一緒にいる他人が評価されているのを見ると、自分がダメ出しされている気持ちになり、過剰な自己アピールをしてしまい、それがマウンティングへと繋がります。

恋心が拍車をかける

恋心が拍車をかける

自尊感情が低かったり、承認欲求が強かったりしてもマウンティング行動にまで及ばない人も多くいます。でもそういう人が恋をすると、その恋を「失いたくない」「叶えたい」という願望から、マウンティングを始めることがあります。自分よりも下だと思える女性と自分を比較して安心したり、好きな相手に歪んだ自己アピールをしたりと、エスカレートしてしまうこともあります。

幸せを感じたい女性たち

幸せを感じたい女性たち

マウンティング女子によるマウンティングがエスカレートしている裏には、女性たちを取り巻く社会が「幸せ」を感じるには厳しい状況であるという現実があるのです。社会進出によって多くの女性が会社で働いていますが、男女の差別や年齢の差別など、女性ならではの差別がいまだになくなりません。
女性の活用を謳いながらも、子育てをする母親に十分な支援が行われているわけではありません。女性が「生きにくい」「幸せを感じにくい」社会へのストレスが身近な人へのマウンティングへと繋がるようです。マウンティング女子は、身近な人よりも優位であると誇示することによって「幸せを感じたい」気持ちを満たそうとしているのです。

医療福祉へ転職したい人向け

Category:どうしても駄目なら転職 働き方が選べる「かいごのひと」
働き方が選べる「かいごのひと」

介護の仕事は慢性的な人手不足が続いています。現在の職場環境に行き詰まりを感じていて、なおかつ人の役に立つ仕事をしたいと思っているなら、介護の仕事はどうでしょうか?介護の仕事をしている人も、興味がある人も、介護職専門の求人情報サイト「かいごのひと」でお仕事を探してみましょう。

Category:どうしても駄目なら転職 完全サポートの「保育士コンシェル」
完全サポートの「保育士コンシェル」

保育士の仕事は男性が増えつつあるとはいえ、まだまだ女性の多い職場です。女性が多いと、マウンティング女子などの人間関係に悩むこともあるでしょう。そんな人間関係の悩みが解決できないときは、保育士専門の転職サイト「保育士コンシェル」を利用して、自分にピッタリの職場へ転職してしまいましょう。