大切なのはマウンティング女子以外の誰かと働くこと

嫌われるマウンティング女子

あなたの身近にいるマウンティング女子の特徴と対処法を伝授します

ABOUT SITE

「マウンティング女子」とは聞き慣れない言葉ですが、最近メディアを通じて浸透してきていますね。マウンティング女子が身近にいると巻き込まれて嫌な思いをすることもあります。そんな被害を受けないためにマウンティング女子の特徴と対処法、もっと進んで縁を切る方法をご紹介します。ほとんどが私の経験と知見によるものです。是非参考にしてくださいね。当サイトへのお問い合わせは mountinggirl_dislik@outlook.jpまで。

TOPICS

誰と働くかが大事

誰と働くかが大事

社会に出て仕事をしている人ならば、人間関係の悩みを抱えている人は少なくないでしょう。女性の場合、上司からのセクハラやパワハラ、女性であるがゆえの差別や女同士のドロドロとしたマウンティングなど、いっそ仕事を辞めてしまいたいと考えてもおかしくありません。しかし、せっかく入った会社を辞めるのは勇気がいることです。周囲からも「人間関係が悪いからと退職するのはもったいない」などと言われると、「そうなのかな」と迷ってしまいますよね。では、どうすればいいのでしょうか?

どこで働くかではなく、誰と働くか

どこで働くかではなく、誰と働くか

人間関係の悪さによって、仕事のパフォーマンスが上手くいっていないならば、すぐに転職または退職を考えるべきでしょう。「上場企業である」「給料がいい」など、現在の会社にメリットがあったとしても、あなたの価値基準が「人間関係」にあるならば、どこで働くかではなく、誰と働くかを大切にするといいでしょう。
確かに上場企業などで働くことは、優秀な人材も多く、刺激的で勉強にもなります。だからといって、人間関係も上手くいくとは限りません。社内政治やライバルとの競争、部署ごとの評価や細かい規制が多いなど、人間関係が悪くなる要素も多くあるのです。
もちろん、一概にすべての企業がそうだとは言えませんが、多くの企業では、その企業ならではの社内風土や企業文化などがあり、人間関係に大きな影響を及ぼしているのです。


自分に合った職場で働こう

自分に合った職場で働こう

その企業によって社風や人間関係は違ってきます。体育会系のノリでガツガツ熱気あふれる企業や、営業マンが力を持っているポジティブな企業、開発者が力を持っている理系ロジカル企業、文系的でおとなしい企業、コミュニケーション力が要求される企業、まったりな人間関係の企業、社内みんなライバルでドロドロな外資系企業など。自分がどのような人たちと働きたいのか、どのような企業に適しているのかを考えて、転職するといいでしょう。
これはあなたにとって「相性」のいい企業を探すということです。お互いの相性が良ければ、人間関係は良好となり、仕事の効率も良くなり、パフォーマンスも上がります。そのような職場で働くことができれば、あなたにとって、充実した生活、人生を送ることができるでしょう。


起業するのも一つの方法

起業するのも一つの方法

どうしても人間関係の合う会社がない。そんなときは、起業するのも一つの方法かもしれません。起業することは大変ですが、自分の選んだ道を、悩みながら歩むのも、人生を充実させるスパイスとなるでしょう。

医療福祉へ転職したい人向け

Category:どうしても駄目なら転職 働き方が選べる「かいごのひと」
働き方が選べる「かいごのひと」

介護の仕事は慢性的な人手不足が続いています。現在の職場環境に行き詰まりを感じていて、なおかつ人の役に立つ仕事をしたいと思っているなら、介護の仕事はどうでしょうか?介護の仕事をしている人も、興味がある人も、介護職専門の求人情報サイト「かいごのひと」でお仕事を探してみましょう。

Category:どうしても駄目なら転職 完全サポートの「保育士コンシェル」
完全サポートの「保育士コンシェル」

保育士の仕事は男性が増えつつあるとはいえ、まだまだ女性の多い職場です。女性が多いと、マウンティング女子などの人間関係に悩むこともあるでしょう。そんな人間関係の悩みが解決できないときは、保育士専門の転職サイト「保育士コンシェル」を利用して、自分にピッタリの職場へ転職してしまいましょう。